MENU
TOP
理事長のごあいさつ
浜ができるとどうなるの?
ハマのヨコ顔
浜ありし頃の横浜
ハマ浜BLOG
ぜひご参加ください!
ご意見はこちらへ!



そのほか
クルーズ情報
横浜ライブカメラ
ご協力いただいてる方々
ハマには浜を!定款




サイト内検索
WWWを検索
Google









海に触れて、感じることができます。
浜がそこにあることで人が集い、和み、癒されます。
海に触れることができます。靴をぬいで、波を感じることができます。
子供たちが遊ぶこともできます。笑顔もたくさん生まれます。
その海が汚れていたら、人々は何故? と思うはずです。
頭の中での環境問題意識だけでなく、肌で触れて感じる体感も大切です。

波自然の連鎖ができます。
人だけではありません。砂浜は海中の生物にとって非常によい生息環境です。微生物が育ち、それを食する小魚が育ちます。砂浜の浅瀬では小魚は中型魚から身を守ることができます。小魚が育つことによって中型、大型の魚も多く集まります。自然の連鎖ができるのです。東京湾は産業の大動脈ですが巨大な生け簀にも成り得ます。自然の連鎖によって、より大きな生物が育つでしょう。我々は江戸前、もとへ、本牧沖の魚にありつけるでしょう。
いろいろな”作用”があるのです。
砂浜には海の浄化作用、消波作用もあり、またクラゲの発生も抑えます。
横浜の景観が素晴らしくよくなります。
たとえば、みなとみらいに砂浜ができたら。山下公園に砂浜ができたら。近代的な街の中にある砂浜、それは間違いなく横浜の素晴らしき景観となるでしょう。


All right reserved (c) 2004-2012. ハマには浜を!